空調周りの片付けは電気代削減に繋がります

2022年02月07日 13:21

写真のように、エアコンの室外機周辺に荷物を置くと、空気の対流が悪化して、熱交換率が極端に悪くなり、電気代が大幅にアップしてしまいます。

また、吹き出し口を塞ぐようにパネルや、子供のおもちゃなどを置いてしまいますと、光熱費が上がります。

意外と見落としがちな室外機周辺ですが、室内温度がなかなか設定温度通りに、ならなかったり、冷える、温まるのに時間がかかる、妙に電気代請求が高い、そんな時は、外の室外機の周りを一度、チェックしてみて下さい。

裏側のアルミの部分、吹き出し出口、半径1メートル程度の場所の物品、この辺りを見直すだけで、クーラーの調子がとても改善されることがございます。

東京の場合、ベランダスペースも広く取れない場合があり、どうしても物を置いてしまいがちになりますが、故障しやすくなる、電気料金がアップするなどの事が起こってしまいますので、一度点検してみることをお勧めします。

前のページ
冬の空調のケアは大切
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)